参院選を終えて

松本しょうを通して、社民党を応援してくださった方、福島さんを応援してくださった方、吉田党首を応援してくださった方、お一人お一人の支えがあって、全国的に得票を伸ばし、次につながる選挙にしていただきました。本当に、感謝しています。

だからこそ期待に応えたい。
だからこそ社会民主主の理念と政策をもっと提案したい。
だからこそ日々の活動を意味のあるものにしたい。

6年前、全国比例で約225万票
3年前、全国比例で約125万票
今回、 全国比例で約153万票

 約25万票前回より託していただける方が増えました。党勢回復の展望が開けてきました。

しかし、全国の仲間のみなさんにはまず申し訳ない気持ちでいっぱいです。岩槻区内で1571名で、25年度と比べ167名に託していただけませんでした。市議選でご支持いただいた3400名からは1829名の方から党に託していただくことができませんでした。日頃の活動の量と質をもっと高めていくために、学び、そして、言葉を磨きます。もっと多くの人と出会い自らを知っていただき、お話をし、直接お伝えをしないと届かないことを改めて学びました。
一方、党改革は始まっていないに等しい。ゼロベースから立てなおす必要があります。何のためのイメージ戦略本部だったのか、結局何一つ改善を加えることができず選挙に入ってしまいました。若者の形式的参加で、本質的「変化」を認めない。これじゃ支持も広がらない。昔からこうなんだは、もう通用しない!

もっと、つながらないと独善的になる。もっと関わらないと真剣さが伝わらない。やりたいこと、変えたい未来が同じならもっともっと一緒にやるべきだ。既存の枠組みを活かしつつ、超える必要もある。
今の最大の関心事は、作業所メンバーさんの生活の質の向上・余裕から生じる自由の拡大です。だれもが排除されることなく、制度の狭間で苦しむことのない社会をつくりたい。

農業×福祉を希望にしたい。
希望格差をこれ以上拡げないよう自分のできること一つ一つやっていきます。農業は、地域循環型社会の原動力だと思っています。あらゆることをもっとよくする!悪くしない!

だから、社会民主主義。
だから、社民党。

これからもよろしくお願いします!


桶川市議選 は「新島みつあき」さん!

こんばんは。松本しょうです。

新島さん

今回は、桶川市議選で2期目に挑戦する「新島みつあき」さんの応援のため、久々の更新です。

新島さんは、衆議院選挙そして市議選と松本しょうが挑戦するとき、何度も岩槻へと足を運んでくださいました。

駅頭で一緒になった相手は、現職。
建設会社の社長や若手社員と思われる人たちが、大勢応援に駆け付けていました。

なんとか岩槻支部のみなさんと共に、負けじと立ち位置も変えず頑張りました。
東武の敷地に入らない場所でチラシを配布。
遅れること2時間。
その後ろで、改札の真ん前で。
どけと言わんばかりの圧力を後ろから感じます。
(気のせい?)

そんな中、新島さんが桶川から駆けつけてくださったんです。
しかも仲間のみなさんを連れて。。

いやー気を張っていたましたが、正直、うれし涙があふれ、トイレに逃げ込んでしまいました。

社会党時代と比べれば、小さくなってしまった社民党。
でも、同じ想いと実現したい未来のために、一緒に闘ってくださる先輩がいる。

そう、利害やカネじゃないんです。
そう考えたら、涙が止まらなくなってしまいました。
ある意味では、候補者失格です。。
でも、あのやわらかい、やさしい笑顔で
『「松本しょう」をよろしくお願いします。』
と言ってくださる新島さんを見て、もう耐えられませんでした。。

ただ、若手候補が頑張ってるから、力になりたいと駆けつけてくれました。
自分の選挙のように、携わっていただきました。

そんな熱いオヤジが「新島みつあき」です。

新島さんのスタンスに学ぶところが本当に大きいんです。

私がやってあげますではなくて、
一緒にはじめましょう。
一緒にやりましょう。

議員が先頭に立って、あれやった、これやったではなく、
むしろ、地域の問題だからこそ、議員も市民も同じ目線で、問題解決に向けてコミットしていく。
そうじゃなきゃ自治じゃない。

岩槻に来て、見習うべき大きな背中が近くにいる。本当に心強いです。

どうか、桶川市議会議員選挙では「新島みつあき」と投票用紙にお書きください。
既に、期日前投票も始まっています!!

桶川市民のみなさん繰り返しになりますが、どうか「新島みつあき」よろしくお願いします。