憲法記念日に想うこと

70年前に戦争が終わり、68年前に日本国憲法が制定されました。うちのじいちゃんの話によれば、みんな喜んでいたと話しています。

しかしながら、安倍首相をはじめ制定過程に狙いを絞った批判が目立っています。「結果よりもプロセスが大事だ」といいますが、そのプロセス(過程)は、決して制定過程だけではなく、戦後をどのように人々がその憲法によって、生活が保障され、生き抜いてきたかだと考えます。そこにアメリカによって制定されたからという理由で何が困ったというのでしょうか。戦後70年間、日本は人を殺し、殺されるという戦争の最前線に国民を送ることはできなかったんです。まだ基本的人権の尊重が不完全な事柄も少なくないですが、少しずつ運動や裁判によって改善されつつあるのが現状だと思います。だから、結果も悪くないはずです。

生活保護の制度があるから、一定のレベルの生活は保障されていると考えます。ただ、そのセーフティネットから阻害されている人もいるのは事実です。だから、いざという時のセーフティネットの充実が必要であると考える一方で、世界の貧困問題と比べると「当事者でないからわからない」と批判も受けますが、まもられている方だとも思っています。したがって、国内では、平和を阻害する要因はとても小さくなっていると捉えています。「積極的平和」は実現されつつあるんです。ただ、所得格差の拡大とともに、社会不安が高まっていることも否定できない中で、経済状況への注視は必要です。

一方で、近隣諸国では、国内の批判を抑え込むために、ナショナリズムを煽り、対日強硬策に出ている国々があります。安倍政権はそれに抗すべきと、ナショナリズムを煽り、憲法制定過程にターゲットを絞り攻撃を加えてみたり、中国や韓国脅威論を喧伝したりすることで、恐怖心、対抗心を抱かせています。

確かに、中国をはじめ目に余る行為も増えてきています。しかし、一触即発の事態を生じさせないために外交努力をしていかなければならないのに、それが生じることを歓迎するかのように、自衛隊を名実ともに軍隊へと格下げすることを本格的に始めました。

法改正も憲法改正も待たぬまま、日米ガイドラインの見直しを行い、戦争法案を8月には通すことを宣言しました。国民不在、国会軽視、憲法無視の安倍政権への批判の声は少ないです。おかしい。このままでいいのでしょうか。そんなはずはないんです。

憲法は、そもそも権力者や権力集団の暴走を防ぐための「縛り」であり、それを緩めることができるのは、国民にあることを自公連立政権は忘れてはいけません。国民の側からではなく、与党から憲法改正の動きが出てくるのがおかしいんです。そもそも憲法改正を前面に出しての総選挙が行われていません。争点を隠し、多数をとったから憲法改正をするというのはおかしいんです。憲法改正の発議を国会に与えているのが間違っているのではないかと思ってしまうほど、今の政権の横暴な振る舞いは見過ごせません。

まだまだ勉強不足、稚拙な批判や間違っている箇所もあるかもしれません。もっと学習し、経験を積み、松本しょうは、「おかしい」という想いを大切にし、生活者、働く者にとって、最適となるよう、政治・社会・政策の流れを変えていくために、日々活動していきます。

私、松本しょうは、憲法は、一言一句変えてはいけないと言う立場ではありません。もっと深化させなければいけない部分もあります。しかし、自公連立政権が行おうとする改憲は、戦争できる交戦権の復活だけでなく、人権の削減という大きな問題もあるから、反対するんです。今、一歩でも譲歩してしまえば、なし崩しに大事な部分まで変えられてしまう。だからこそ、まずは反対し、党勢を回復させ、社民党政権が実現したとき社会民主主義の理念を反映し、生活者、働く者、比べれば弱い立場の人たちに寄り添うために、はじめて踏み出す改憲であるべきと考えます。