億万笑者にはならない!

RADWIMPSの「億万笑者」の個人的解釈といか意味というか。
のせてみます。少し改定してみました。

対比させたいところだけど、著作権の問題が。。

希望や夢や理想を持つから、それを見失ったり、叶わないという絶望がある。
信じなければ裏切られることもないが、信じるからこそ裏切はある。

(希望や夢や理想を持つことを捨てることができた)勇者は、捨てるというすごいこをやってのけ、傷つき打ちひしがれることは、称賛されるべきリアリストでもいうのか。
希望や夢や理想を捨てるという、リアルで充実しているといえない。

希望や夢や理想を持たぬものは、眠れない夜はない。(それらを抱くということは苦しいこと)
希望や夢や理想を持たなければ、それらを失う怖れなどない。(それらを持つことで、絶望や裏切りがある)

希望や夢や理想を持たなければ、奪われることもない。
希望や夢や理想がどうでもいいと考え、無くなってもなんても思わない、それに気づかない人から、奪うものはない。

「夢や希望や理想が実現しないからって、絶望し続けてるの?(だせー)
現実的じゃない夢や希望に何をそんなに期待しているの?」(とだれかがあざ笑う)
希望や夢をあきらめて現実的なれとでもいうの?いくら言われようと、希望や夢とか理想とか、それらをあきらめる気はない!

絶望や、裏切などのネガティブなことすべては、希望や夢や理想という喜びを得るために引き換える犠牲だ。絶望や裏切りは、喜びを生み出すためのものだ。

喜びを生み出すための夢や希望というのは、絶望や裏切りと同時にあるんだ。
今は、絶望や裏切しかないけど、希望や夢や理想にたどり着くまで。

夢や希望や理想をあきらめようとしたときに、それでいいのかと疑問を抱く。
頑張っているのに、あきらめようか思う自分が現れ、そう考える自分も嫌になる。

でもそもそも自分はどうして希望や夢や理想を抱いたのかつきつめていくと、自分がやってきたことは間違いないと正しさに気づく。
夢や希望や理想ってものは、挫折し、諦めたときに、どれほど自分にとって大切なかけがいのないものだったか知ることになる。

「夢や希望や理想を手放し、その生みの苦しみから解放されたから、新しいことが何でもできる気がする。」いや、一度諦めたら、新しくやることの意味さえわかからなくなる。

自分の中ではわかっている。苦しみや絶望や裏切りは、希望や夢や理想を実現する喜びを得るために必要なことだと。最近、希望や夢や理想を実現するために、苦しみや絶望を抱いているの?(頑張ることに億劫になっていない?)

夢や希望を追いかけるという苦しみや絶望からこの際、解放され楽になろうか。諦めようと少しは考えたんだから。

効率優先至上主義の
現在の億万笑者でも ねぇ

夢や希望や理想を諦めれて楽になろう。そうやって夢や希望や理想を追い求める人たちをあざ笑っている方になろうよ。ねぇ、諦めて、楽になりなよ。

自分一人だけ頑張ったって希望や夢や理想が実現しないと、絶望や苦しみから解放されたい自分は言う。
でも、本当に寂しいのは、自分が夢や希望や理想を描けないこと。

———————–以下、ほぼ未改定————————————-

自分がもう頑張らなくていいよってなったら、
もう苦しむことも、喜びを得ることもない。

自分が頑張るからこそ、苦しむことや喜ぶという感情の起伏があることが、
たまらなく人間らしく、かけがいのないことなんだ。

僕は、喜んだり悲しんだりすることすべてが、喜びを得るために引き換えになるものなんだと知っている。喜んだり、悲しんだりしていて、人生充実している?

ねぇどうしたの?そんなに夢や希望や理想をもって、苦しみ絶望しちゃってさ。
それが無駄で、非効率でとあざ笑われたとしても

僕は、大丈夫。もう確信している。
だって、もがき苦しめばもう少しで実現するかもしれない。
夢や希望や理想を実現させるために、もがき苦しみながらも充実した毎日の中で、笑っていたい。

僕は(億万笑者にはならない)

ここまで読んでいただきありがとうございました。

松本しょうは、億万笑者になることなく、被選挙権を行使します!
生活者の感覚で、
働く人の立場で、
比べれば弱い立場の人に寄り添う政治へ!