松本しょう5つの政策

1.安心して子どもを育てられるまち

・就職活動中の保育園利用を可能に
・緊急一時保育の充実
・保育士の待遇・働き方を改善
・放課後学童クラブ(学童保育)の増員増設
・学びの想いを支える給付型奨学金の創設
・ADHD・LDなど発達障害児(者)の支援を拡充
・障がい者やLGBTの方たちなど多様性を尊重する社会へ

2.安心して老いることのできるまち

・自分らしく生きられる在宅介護支援の拡大
・高齢者のスポーツ・レクレーションの場を拡充
・消費者行政の強化で、振込め詐欺防止策の充実
・コミュニティバスなどの公共交通を拡大充実
・訪問介護・通所サービスの維持

3.伝統文化・技術・地域資源の活用

・仕事の地産地消の推進と商店街の活性化
・伝統技術の継承と発展を下支えする仕組みづくりの実現
・「岩槻ねぎ」の再評価と特産品化を推進
・新規就農者支援の充実
・高付加価値の農産物生産のため有機JASの取得補助

4.自然環境をまもり、災害・犯罪を防ぐまち

・生物多様性の保全と地域を流れる川の浄化
・古隅田川の改修で豪雨に耐えうる排水設備の早期実現

5.市民活動が活発なまちと市政改革
・NPOや市民団体への支援強化
・行政サービス拠点の集約による複合化と機能強化
・東武野田線の岩槻駅急行停車と本線への乗り入れ実現
・地下鉄7号線の早期着工
・民間委託を見直し、責任の明確化と安定したサービスの確保
・政務活動費の見直し